CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Search this site
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS


“世界中から取り寄せました”のキャッチで本好きの心を揺さぶる新潮クレスト・ブックスの感想TBお待ちしております。
<< 『パリ左岸のピアノ工房』 T.E. カーハート (四季さん) | TOP | 『朗読者』 ベルンハルト・シュリンク (板栗香さん) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
『ペンギンの憂鬱』 アンドレイ・クルコフ (リサさん)
この作品のTBはこちらの記事にお願いします。
元記事はこちら

恋人に去られた孤独なヴィクトルは、憂鬱症のペンギンと暮らす売れない小説家。生活のために新聞の死亡記事を書く仕事を始めたが、そのうちまだ生きている大物政治家や財界人や軍人たちの「追悼記事」をあらかじめ書いておく仕事を頼まれ、やがてその大物たちが次々に死んでいく。舞台はソ連崩壊後の新生国家ウクライナの首都キエフ。ヴィクトルの身辺にも不穏な影がちらつく。そしてペンギンの運命は…。欧米各国で翻訳され絶大な賞賛と人気を得た、不条理で物語にみちた長編小説。


何だろう。この不気味さと不条理さが、淡々と綴られる日常生活に織り込まれるものを不快感よりもむしろ魅力的に読んでしまうものは。
ウクライナの首都キエフが舞台。売れない小説家ヴィクトルと憂鬱症の皇帝ペンギンミーシャの孤独な生活。ミーシャはヴィクトルのペットというよりは互いに干渉し合わない同居人のような存在である。経営難の動物園から譲り受けたペンギンは住む環境も変えられ、集団から引き離され憂鬱症を患い、常に孤独の中を生きている。ガールフレンドに去られたヴィクトルもまた孤独である。孤独と孤独が補い合って互いの孤独を埋めているような生活。そんな生活がこのまま続いていく物語でも充分良かったのであるが、物語の中ではヴィクトルがある仕事を引き受けてから不可解なことが次々と起き始める。
あまりにも謎が多すぎてこれらが一体どうやって収束していくのか早く見届けたい焦燥感と、ヴィクトルが巻き込まれているものの正体がつかめない不安感と、ここに漂う鬱々としたものがない交ぜになり落ち着かせなくさせる。

新聞の死亡記事…まだ生きている人間の追悼記事を書くという仕事を引き受けてからヴィクトルの生活も安定してゆく。けれども心の安定は得られずその孤独感は増すばかり。ペンギンじゃないミーシャから預かった4歳の少女ソーニャ、ペンギンがきっかけで友人になった警察官のセルゲイ、その姪であり、ソーニャのベビーシッターでもあるニーナ。彼らの存在がヴィクトルの心の隙間を埋めることはない。けれどもセルゲイだけは少し違ったのかな。セルゲイとの釣りのシーンが最も好きである。ミーシャが活き活きと氷穴に飛び込む場面など微笑ましい。こんな時ヴィクトルの心も温まっていたのではないかと思う。
さて、生活は安定するが、身の回りでは不穏な出来事が次々と起こる。鍵がかかっているはずの玄関から誰かが侵入していたり、追悼記事に書いた大物が次々と死んでいったり。その見えない何かが全く読めず薄ら寒さを感じる。そしてヴィクトルの身に何が起きているのか分かるときのゾクゾク感。それまでのほのぼのとした気分はここで一気に暗闇に突き落とされる。

やはりここでの主役はペンギンのミーシャであろう。ペタペタと足音を立てて歩くさま、キッチンの戸口をつついたり、鏡に映る自分の姿をじっと見つめていたり、仕事中のヴィクトルの膝に自分の体を押し付けてその顔をのっけてみたり。そんな仕草がいちいち愛らしい。ペンギンをさり気なく描き、変に擬人化していないところがまた良いのだ。ミーシャはただのペットとして描かれているのではなく、この不条理な物語になくてはならない重要なキャラクターでもある。数多く残される謎の中にミーシャのその後もあるのだが、なんと続編『カタツムリの法則』というのが刊行されているらしい。翻訳されているのならばすぐにでも飛びついて読みたいところであるが、残念ながら翻訳されていない。ここに散らばった謎が回収されているのかどうか定かではないが、それを見届けるためにも続編を是非とも読んでみたい。
posted by torakichi | 00:25 | メンバーズレビュー(リサさん) | - | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 00:25 | - | - | - |