CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Search this site
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS


“世界中から取り寄せました”のキャッチで本好きの心を揺さぶる新潮クレスト・ブックスの感想TBお待ちしております。
<< 『その名にちなんで』  ジュンパ・ラヒリ 第39回配本 | TOP | 『 いつか、どこかで』 アニータ・シュリーヴ 第41回配本 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
『ペンギンの憂鬱』  アンドレイ・クルコフ 第40回配本
どしどしTBお願いします。

美結さん
posted by torakichi | 20:14 | 2004年(第36回〜第42回配本) | - | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 20:14 | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
2009/09/27 22:21
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-
2009/03/12 23:56
こうなってくると、まるで自分の人生が真っ二つに分かれているみたいだ−−半分は自分
COCO2のバスタイム読書
2009/03/08 00:06
ペンギンの憂鬱 アンドレイ・クルコフ/新潮社 恋人に去られた孤独なヴィクトルは、憂鬱症のペンギンと暮らす売れない小説家。生活のために新聞の死亡記事を書く仕事を始めたが、そのうちまだ生きている大物政治家や財界人や軍人たちの「追悼記事」をあらかじめ書いて
ひなたでゆるり
2009/03/07 21:12
ペンギンの憂鬱アンドレイ・クルコフ 沼野 恭子 新潮社 2004-09-29売り上げランキング : 68172Amazonで詳しく見る by G-Tools アンドレイ・クルコフ『ペンギンの憂鬱』読了。 売れない短編小説家ヴィクトルはペンギンのミーシャと暮らしていた。新聞社から追悼記事「
GREENFIELDS
2009/03/07 20:20
 憂鬱症のペンギンと暮らす売れない小説家のヴィクトルのミステリアスで不条理な世界を描いた物語である、アンドレイ・クルコフ著『ペンギンの憂鬱』(新潮社クレスト・ブックス)。ある日、新聞社から死亡記事を書く仕事を依頼される主人公ヴィクトル。けれどそのうち
まっしろな気持ち
2009/03/07 17:38
 [amazon] 鬱病のペンギン・ミーシャと一緒に暮らしている、売れない作家の物語。 ソ連の崩壊後に独立したウクライナの首都・キエフが舞台で、まだかなりきな臭...
Ciel Bleu