CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Search this site
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
OTHERS


“世界中から取り寄せました”のキャッチで本好きの心を揺さぶる新潮クレスト・ブックスの感想TBお待ちしております。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
『ある秘密』  フィリップ・グランベール (トラキチ)
フィリップ グランベール
新潮社
¥ 1,680
(2005-11)
この作品のTBはこちらの記事にお願いします。
元記事はこちら

父と母は何か隠している……。ひとりっ子で病弱なぼくは、想像上の兄を作って遊んでいたが、ある日、屋根裏部屋で、かつて本当の兄が存在していた形跡を見つける。両親の秘密とは何か。ナチスによる弾圧と虐殺のはざまで、二人に何が起ったのか。一九五〇年代のパリを舞台にした自伝的長編。高校生が選ぶゴンクール賞受賞作。(新潮社HPより引用)

物語の冒頭から秘密の影はすでに現われている。読者はまず、その影を追うように物語へと引き込まれ、次第に、戦争や愛、そして深い絶望と孤独の中へ踏み込んでいく。ごく普通の一家の背後に隠されていた、人間の苦しみの全てを凝縮したような過去。それでも真実を受け止めようとする主人公の強い意志と、必死に生きようとする人々の姿が、容易に感動という言葉では語り尽くせないほどの切実なリアリティを持って、胸に迫ってくる。(裏表紙・作家島本理生さんコメント文引用)

<両親の秘密を通してあるひとりの少年が立派に成長する物語、戦争の痛ましさを分かち合える作品でもあります。>

『ちいさな王子』『赤と黒』(ともに光文社古典新訳文庫)の翻訳で著名な野崎歓訳。
この作品はわずか150ページあまりですが、内容的にはとっても密度の濃い作品だと言っても過言ではないでしょう。
最初、ファンタジー作品かなと思って読み進めたのですが、ずっとずっと深い物語でした。
続きを読む >>
posted by torakichi | 16:32 | メンバーズレビュー(トラキチ) | - | trackbacks(0) |
『ソーネチカ』 リュドミラ・ウリツカヤ (トラキチ)
この作品のTBはこちらの記事にお願いします。
元記事はこちら

本の虫で容貌のぱっとしないソーネチカは、一九三〇年代にフランスから帰国した反体制的な芸術家ロベルトと結婚し、当局の監視の下で流刑地を移動しながら、貧しくも幸せな生活を送る。一人娘が連れてきた美少女ヤーシャがあらわれるまでは。最愛の夫の秘密を知って彼女は……。温かい感情が湧きあがるロシアの中篇小説。(新潮社HPより引用)

この小説の主人公は不思議な人たちである。見るからに幸せそうなときに「なんて幸せなんだろう」と考えるのはともかく、親しい人に裏切られ、失望させられて、たいていの人間なら激怒し絶望しそうなときでも、何か悦ぶべきことを見つけて、やはり「なんて幸せなんだろう」と考えている。
そんな彼女に、作者は無垢ゆえの神々しさを見ているのだろうか。たぶんそうではあるまい。とにかくそういう人が作者の頭から生まれてしまったのであり、そうやって生まれた人を、作者はただそういう人として描いた。人間を祝福する上で、これ以上正しいやり方があるだろうか。(裏表紙・柴田元幸氏コメントより引用)

<本の虫がもたらせてくれた崇高な愛情が詰まった作品。幸せについて再考させられます。>

『ペンギンの憂鬱』(新潮クレスト・ブックス)や『初恋』(光文社古典新訳文庫)でも著名な沼野恭子訳。
ロシア文学、はたしていつ以来なのだろう。
世界を旅している気分にさせてくれる新潮クレスト・ブックスシリーズのおかげですね。
続きを読む >>
posted by torakichi | 11:47 | メンバーズレビュー(トラキチ) | - | - |
『キス』 キャスリン・ハリソン (トラキチ)
キャスリン ハリソン
新潮社
¥ 1,785
(1998-05)
この作品のTBはこちらの記事にお願いします。
元記事はこちら

若くして結婚した父と母は、娘が生まれるとまもなく離婚、成長した娘は大学生となり、父は離れた町で牧師として新しい家庭を築いた。そして、運命の再会、父は娘の美しさに目を奪われ、娘は父の登場に心を奪われる。やがて二人は、近親相姦という暗い谷底へと落ちていった・・・全米を震撼させたベストセラー。著者自身の実体験を真摯に綴った、人間存在の根源に迫るノンフィクション。(文庫本裏表紙より引用)

<人生に対して誠実かつ真摯に向き合いなさいと教えてくれる一冊>

車を停め、駐車場からターミナルに入り、ゲートまでひたすら走る。わたしは息をはずませてたどり着く。黄褐色の・・・茶ではない・・・背広を着た男性が、ゆっくりとウォータークーラーから顔を上げ、こちらを向いてわたしを見る。どちらもすぐに相手に気づく。最近の写真は交換している。だが、それだけではない。おたがいに似ているのだ。
(本文より引用)

岩本正恵訳。
今年で創刊11周年となる新潮クレスト・ブックスの初回配本作品。

まず、本作を目をそらさずに読者の前に提供してくれたことを著者に深く感謝したい。
過去の自分との決別のために・・・
かなり勇気のいることであったと思われる。
フィクションならいざ知れず。
読み取り方によっては父親の非情さ・思慮のなさを感じずにいられない方もいらっしゃるだろう。
でも、この作品は少なくとも作者は読者にそういった理解を求めているのではないのである。
続きを読む >>
posted by torakichi | 20:56 | メンバーズレビュー(トラキチ) | - | - |
『朗読者』 ベルンハルト・シュリンク (トラキチ)
ベルンハルト シュリンク
新潮社
¥ 1,890
(2000-04)
この作品のTBはこちらの記事にお願いします。
元記事はこちら
<ヘッセの『車輪の下で』に比肩する心にズシリと響く作品。>

確かヘッセの『車輪の下で』以来のドイツ文学。
まさに懐の深い読書が楽しめる一冊。

本作は1995年に刊行されて以来、数多くの国でベストセラーとなっている。
日本においては新潮クレスト・ブックスにて2000年に刊行、そして2003年に文庫化、翌2004年からは日本の文庫本におけるステータスシンボルと言っても過言ではない“新潮文庫の100冊”にラインアップされている。
読み終えて、新潮文庫の100冊の威厳を保ってる作品であることを確認できて胸をなでおろした次第である。
尚、本作は本年6月『愛を読むひと』というタイトルで映画化される予定。
続きを読む >>
posted by torakichi | 20:54 | メンバーズレビュー(トラキチ) | - | - |
『停電の夜に』 ジュンパ・ラヒリ (トラキチ)
この作品のTBはこちらの記事にお願いします。
元記事はこちら

<まるで美しい映像の映画を見ているような陶酔感を味わえる短編集。>

まず著者のジュンパ・ラヒリについて簡単にご紹介しよう。
1967年ロンドン生まれ。現在まで本作の他に『その名にちなんで』(新潮文庫)(2004)と『見知らぬ場所』(2008)(新潮クレストブックス)を上梓。
受賞歴は本作に収録されている「病気の通訳」でО・ヘンリー賞、本作でピュリツァー賞とヘミングウェイ賞を、『見知らぬ場所』でフランク・オコナー国際短篇賞を受賞している。
その昔、何カ月も辞書を引きひき訳読したあとで、ついにフランスの小説やイタリアの十四行詩をつっかえずに読めるようになったときも、似たような心地よさがあった。そんな瞬間には、世の中はうまくできている、がんばったらいいことがある、まずいことがあっても結局どうにかなるのが人生だ、と思えたものだ。(病気の通訳より引用)

訳者である小川高義さんの簡潔で美しい訳文が印象に残る。
違和感なく読ませるってその訳者の実力以外のなにものでもありませんよね。

作者の両親がカルカッタ出身のベンガル人で、本作にもインド国内の話2編以外はアメリカで暮らすインド系移民の人々が登場するのが特徴。
私自身、あんまり翻訳本を読まない理由として大きく二つの理由がある(というかあった)
まず、文化の違う人が書いているのでどうしても共感し辛い点。
そして、もうひとつは訳者を介しているので読みにくくかつ読み取りづらい点。

本作を読んで上記2点は杞憂に終わったことに気付いたのである。
前者は作者の力、後者は訳者の力である。
続きを読む >>
posted by torakichi | 16:18 | メンバーズレビュー(トラキチ) | - | - |